TOEICの試験対策に早く知っておくべきだったアプリ「abceed analytics」

TOEICの試験対策に早く知っておくべきだったアプリ「abceed analytics」

みなさんTOEIC試験勉強ちゃんとできていますか?

わたしもTOEICの対策本を使って模試をやっています。
でも書籍の模試とかのマークシートとか採点って結構面倒なんですよね。

そんな時に知ったのがこのiphone/androidの
TOEIC対策支援アプリ「abceed analytics」

これめちゃ便利。
もっと早く知りたかった。

abceed analyticsはこんなアプリ

TOEICの学習を分析・記録して補助してくれるアプリ。基本無料で使えます。

アプリ上で書籍を購入することもできて、そこに収録されている音声もそのままダウンロードしてくれるので手間がかかりません。

ただし無料プランは書籍の登録が1つまでだったりオフラインで使えなかったりと制約があります。
全ての機能を使う場合は360円/月かかります。

私はなんとか無料でやりくりしております。
はい、すいません。いつか課金します。

マークシートの採点が自動

いままでTOEICの模試をする時は、マークシートの紙をいちいちコピーして使いまわしていました。
なんならサラの紙に手書きで(1)〜(200)番を作って記入しておりました。

これが毎回面倒なのよ。
基本TOEICは全てマークシートなので書くという行為にはあまり意味がないです。

「abceed analytics」はマークシートを用意してくれています。
有名なTOEIC対策書籍をカバーしているので、自分の使っている書籍を登録しておけばその参考書にあったマークシートを表示し自動で採点してくれます。

 

まず自分の使う書籍を登録。

 

 

問題を解く。
時間も下にタイマーが表示されています。

終わったら右上の採点ボタンを押す。

 

 

あらま。もう採点できました。
もちろん答え合わせがいちばんの学習になるので結局全て見直します。
しかし自動で採点してもらえるのは、すぐに結果がわかりとても便利です。

 

 

簡単な分析や学習時間の記録や目標なども設定できます。
有料プランは書籍をまたいで正答率や単語の習得状況を分析することもできるみたいです。

まとめ

何が言いたかったかというと、マークシートの紙を作るのめんどくセーってことです。
しかもちゃんと学習の記録もつけてくれるので自分が頑張ってる感が見えて、モチベーションの維持にも役立ちます。

本日はTOEICの試験を受けて参りましたが・・・

予想以上にできない自分にまた出会うことがことができました。

ハァ〜。。。

サッカーの本田選手の言葉を借りれば、つまりこれは「伸びしろ」ですよね。
まだもう少しこのアプリのお世話になりそうです。