バンクーバーのamazonで注文!日本の配送業者は頑張りすぎ。今後はお金をもらいましょう。

バンクーバーのamazonで注文!日本の配送業者は頑張りすぎ。今後はお金をもらいましょう。

カナダに移って早いものでもう1ヶ月。
生活環境もやっと落ち着いて来たので、そろそろ気合い入れなおさなければいけません。
観光気分がなかなか抜けないですね。

カナダ・バンクーバーのアマゾンに初挑戦

先日初めてカナダのアマゾンを注文してみました。
パソコン周りをしっかり揃えるために注文いたしました。

バンクーバーにはBest Buyというアメリカでも有名な家電チェーン店があります。
日本で言う所のヤマダ電機みたいな感じかな。
大体は揃いますが、やはり品揃えや値段で言うならやっぱり王者アマゾンにはなかなか勝てない商品も多いです。

そこで初めてカナダのamazonでとりあえず頼んでみました。

再配達はしてくれない

基本的にカナダの郵便局 Canada post という郵便局みたいなところが配達しくれるのですが、再配達はしてくれません。

不在の場合は不在票が貼ってあり、自分で最寄りの郵便局に取りに行かなければならない。

日本では3回も4回も当たり前のように再配達してくれるけど、そんなシステムがそもそもない。

「家にいないお前が悪い。取りに来い」と言わんばかりに。
まぁ、こっちの方が人件費もかからなさそうだしいいよね。
重いものは大変だが取りに行く。

そもそも時間指定できない

『なんでやねん!!』
『1日家におれっちゅーんかい!!』
『わてかて結構忙しいでおま!!』

ということで、時間指定なし再配達のないアマゾンの注文はかなり慎重になります。

郵便局が近いか、1日家にいるのが確定か、荷物が小さくて軽い持って帰りやすそうなものしか注文できないような気がする。

注文日指定ができない

配達日指定ができない場合がほとんど。
アマゾンは有料で2日で届くものから5日かかって無料の配達があるのは日本と同じです。
しかし日本みたいに何日に届けてくれみたいなことが難しいです。
「今注文すると18日に着きます」みたいな感じです。
もちろん時間は不明。

これは無理ゲーだ。

コストコのオンライでも注文してみたのですがこちらは、
「14日〜18日のどこか」
みたいな配達でした。
おそらくコストコは自社の配送を使ってるのではないかと推測しますが、それにしてもなかなかなアバウトさ。

ここで27インチのモニターを注文したのですが、帰って来たらマンションの部屋の前にポンとモニターくんが置いてありました。

『えっ!?廊下に置いて帰る??』

不在の場合は置いて帰るみたい(笑)
よかった盗られなくて。

郵便局止めあるいはamazonロッカー

日中は家にいないことが多いので、結局受け取れません。
そこで近くの郵便局に送ってもらって自分で取りに行くスタイルです。
まぁ、配達してもらって不在であれば結局荷物はそこに行きます。
最初から不在とわかっているので郵便局に配達してもらいました。

あとは近くのオーガニックのスパーマーケット「Whole foods Market」にアマゾンロッカーがあります。
アマゾンが少し前に買収したスーパーです。

こちらの玄関先に

これにメールでくる配達完了のコードを打てば扉が開くみたい。

私は郵便局の方が近いので使うことはないけど、日本でもうちょっと普及してもいいと思うんだけどな。

日本の配送業者さん、頑張りすぎ

だと思うんです。
最近値上げして時間指定も少し減ったみたいですけど、やっぱりまだまだ再配達の問題は残っているでしょうね。

国土交通省の調べによると、日本の再配達率は約16%程度。

報道発表資料 – 国土交通省

都市部の方がもちろん高い。
だってみんな仕事してるもん。
共働きが標準になって来ている時代に家に一日中誰かいることの方が少ないはず。
どんどん人不足になるんだから今のシステムは維持できないでしょうね。
地方への配送なんかも難しくなっていくじゃないでしょうか。

配送はさっさと自動運転で高速を走れるようにして、再配達なし。
不在の場合は取りに来てもらうようにすればいいんですよ。

誰かの犠牲の上での便利は成立しない。

そうだ、再配達は課金したらいいやん
そしたら1回で受け取るか宅配ボックスを利用するかセンター止めにして取りに行くんじゃね?
これめっちゃいい考え。
微妙に高めにしておく。1回500円くらい。
お金ある人は再配達してもらうだろうし、お金もったいない人は取りに行く。
これで解決!!

日本の皆様いかがでしょう?
やっぱみんな怒るやろなー。