バンクーバーでインターネット回線と携帯電話を契約

バンクーバーでインターネット回線と携帯電話を契約

カナダのバンクーバーについてまずやったことは、インターネットの開通と携帯電話の開通。
ネットが無いという恐怖。
Google mapが見れないという恐怖。
方向音痴の私が海外で携帯無しなんて絶対無理。

ということでバンクーバーでの私のネット環境をご紹介します。

携帯 & wi-fi

バンクーバーは結構どこでも無料のwi-fiが飛んでいます。
とくにダウンタウンなんかはどこでも繋がります。

スターバックスがあれば無料wi-fiが利用できるので、困った時はスタバ。
ダウンタウンのスタバの数はかなり多いのでどこでもすぐ見つかります。

到着した1日目はなんとかそれでしのぎましたが、これでは家でネットができません。
家に何も無い状態、ベッドも布団も無くてもとりあえず先に契約しに行きました。

私の携帯:日本のappleで購入したiphone7のSIMフリー版

カナダの携帯会社

大手携帯会社

やはり少し割高です。
ただカナダ全土のエリアをカバーしてたりLTEで通信できたりと日本と同じです。

中堅

大手会社の子会社などで回線も安定しています。
それどもまだ少し高い感じがします。

格安キャリア

他のところに比べると安いですが、基本的に3G回線です。
エリアも多少限られています。

Freedom Mobile

契約したのは Freedom Mobile
格安キャリアになります。

プランは 1ヶ月 2年契約
– 5GB 3GB(2年間ボーナス)のネットワーク
– 国内通話し放題
– ショートメッセージ無料
– カナダドル $50

どうでしょうか?
まあまあ悪く無いかなと思います。
他にもプランはありますがこれが一番一般的で使いやすそうと思い選びました。

ちなみに2018年6月時点では
– ショートメッセージと通話放題のみ データ無し $20
– ショートメッセージと通話放題 250MB $25
– ショートメッセージと通話放題 2GB 3GB(2年) $40
– ショートメッセージと通話放題 10GB 3GB(2年) $60
– ショートメッセージと通話放題 20GB 3GB(2年) $90
などがあります。

電波はダウンタウンでは困ることはないです。
ただ地下に入ったりしたら結構すぐ圏外になりますね。

速度も今のところ困るほど遅くなったりは無いです。
3Gで繋いでいますが特に問題はありません。LTEも入るみたいですが不安定なので切っています。
Youtubeとかも普通に再生できますし、大体満足しています。
格安キャリアなら値段も結構抑えられてよかったです。
家も街もwi-fiが使えるので、もうひとつ下のプランでもいいかもと思っています。

ネットとテレビ

とりあえず基本的にテレビは契約しないと見れません。アンテナがほとんど付いてないみたいです。
通信大手でネットとテレビを一緒に契約することが多いみたいです。

というわけでテレビは除外。
ネットさえあれば大概のもの見れるし、Netflixあるしね。

どうりでApple TVみたいな商品が出るわけだ。

Telus

契約したのはTelusという大手会社。
他にも3つぐらいありますが値段もそんなに変わらないし、エージェントさんに紹介していただいたのでそのまま契約しました。

カナダは固定回線の値段が高い。
かなり悩みましたがWebの仕事をこれからしていくのに家にネットが無いとかは考えられないので必要経費だと割り切ります。

2年契約で$80。(キャンペーンで半年間は$30引)
ルーターは付いてきました。

しかも月間使用量が450GBで制限あり

お家の固定回線で制限あるんかい!

速度も下り50mbps 上り10mbps

値段払えばもうちょっと早くなったり、無制限のプランもあるみたい。
日本の通信環境が優れているかがわかります。
日本では光回線が当たり前で値段も安いし、早いのでこれはつらい。

と思ったが悪くない

1ヶ月使用してみた感想は特に問題ありません。
常に10mbpsぐらい出てる感じでYoutube・Netflixが止まるようなことはありません。特に不満なく使えています。

下手したら日本の時より快適かも。
というのは日本のマンションで光に契約していましたが、夜になるとやたら遅くなってNetflixがよく止まってました。それを考えると全然大丈夫。

450GBの制限も2人ではなかなか使いきれない。
とても余ってます。日中は家にいないし、オンラインゲームやってるわけじゃ無いし。


最初下調べして思っていたよりも悪く無いです。
確かに日本はかなりインフラが優秀で、値段も最近は選択肢が増えて下がってきています。
それに比べると少し高くイマイチな部分もあります。
やっぱり国土がでかいのでインフラ投資が大変なんでしょうね。
しかも日本は国がNTTにインフラ設備を整えさせてそれを使えるようにしたのが大きいでしょう。

とはいえ、割と快適なインターネットライフを送れています。